NLPの起源
NLPとは
NLPの効果
DVD版2日間速習NLP
最近の投稿

視線解析(アイ・アクセシング・キュー)

目と脳は非常に密接な関連があります。「見る」という行為は、目の働きではなく、目と脳の連携にあります。
「目は口ほどにものを言う」と言われるように、目の動きのパターンを観察することで、相手が脳の中のどの部分にアクセスしているかの手がかりがつかめます。
ある事柄を、画像(イメージ)捉えているのか、音で捉えているのか、感覚で捉えているのかというヒントです。
それによってどのように接するのが良いかがわかってきます。
 
これらの目の動きは、側部眼球運動 (LEM-Lateral eye movement)と呼ばれ、NLPでは、これらを視線解析(アイ・アクセシング・キュー eye accessing cues) と呼んでいます。
これらの眼の動き(上下左右斜め)は、世界中の多くの国、人々に見られ、同じような思考プロセスにつながるキュー(ヒント)になります。

  • 右上への動き  → 創造された視覚情報(イメージ)にアクセス
  • 左上への動き  → 記憶された視覚情報(イメージ)にアクセス
  • 右水平への動き → 創造された聴覚情報(創られた音)にアクセス
  • 左水平への動き → 記憶された聴覚情報(音)にアクセス
  • 右下への動き  → 身体感覚情報(イメージ)にアクセス
  • 左下への動き  → 内的対話(自分自身との対話)

*上記のアイ・アクセシング・キューは誰にでも当てはまるものではありません。
 全く目が動かない人や、上を向いたりする人、逆に動く人など、異なったパターンの人もいます。

 また、左利きの人は逆になるかもしれません。
 相手をよくキャリブレーションすることでその違いの癖を見つけておくことが必要です。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

One Response to “視線解析(アイ・アクセシング・キュー)”