NLPの起源
NLPとは
NLPの効果
DVD版2日間速習NLP
最近の投稿

サブモダリティ

サブモダリティとは、五感の構成要素のことです。

私たちの『体験・経験』は、五感を通して認識し記憶保存されていきます。
この体験は更に詳細な構成要素に分けることができます。NLPではこれをサブモダリティ(従属要素)と言います。

視覚(画像)のサブモダリティ-:色(カラー/白黒)、明るさ、大きさ、形、鮮やかさ、コントラスト・・・
聴覚(音)のサブモダリティ-:音量、音程、テンポ、スピード、方向(ステレオ/モノラル)・・・
感覚(身体感覚、臭い、味):場所 、圧力、温度、湿度、質感、強度、重さ・・・・・・
私たちが『体験・経験』を思い出す時には、これらのサブモダリティレベル
に構造化された、事実とは異なる、自分の地図に描かれた記憶を呼び起こします。  

NLPにおいてサブモダリティが重要な役割を担う一つは、自分で描いた記憶を
サブモダリティを通して、変えていけることです。

外部刺激 →知覚 →記憶 →解釈

この解釈を変えるために、サブモダリティを変化させ記憶と知覚を変化させていきます。

サブモダリティを活用すると、例えば以下のようなことが可能になります。

・望む未来を自分の望むように生き生きと作り出すことができる。
・過去の嫌な体験の記憶認識を、自由な形に変えて、現在を良い状態に変えていける。
・苦手な人や関心のない人の印象を変えて、自分の反応を変えることができる。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

6 Responses to “サブモダリティ”