NLPの起源
NLPとは
NLPの効果
DVD版2日間速習NLP
最近の投稿

NLPスキル一覧

ディズニー創造性ストラテジー

ディズニー創造性ストラテジーとは、ロバート・ディルツ氏により体系化されたモデルです。
ウォルト・ディズニーが創造的なアニメや映画を創り出す際に、リアリストの兄や中庸的な存在である弁護団からアドバイスを受けたプロセスをモデル化したものです。創造的で現実的なアイデアや案を導きだすことに役立ちます。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

チャンクアップ/チャンクダウン

チャンク(Chunk)とは塊のことです。
Ex)チョコチャンククッキーは、チョコの塊の入ったクッキー

チャンクアップとは、情報の塊のレベルを大きく(抽象化)させていくことです。

チャンクダウンとは、逆に情報の塊のレベルを細かく分解(具体化)していくことです。

水平チャンクとは、同じレベルの事柄をあげていくことです。

チャンクの大きさを適切にしていくことで、より適切なコミュニケーションが成立します。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

タイムライン

タイムラインは、人が意識の中に持っている過去・現在・未来を示す時間軸のことです。
私たちは現在にのみ生きていますが、脳の中では過去、現在、未来という時間を、自由に行き来できます。タイムラインのスキルは、この自分の時間軸を活用し、良い現在と未来を構築するのに役立てていくものです。頭の中だけでなく、実際にタイムラインを歩いて身体を動かし、五感全てを活用することで、とても大きな効果が生まれます。

 タイムラインを活用して、以下のことが可能になります。
 
 ① 過去や未来から有益なリソースを獲得して現在に活かす。(モチベーションアップ)
 ② 過去の嫌な体験を書き変える。
 ③ 望む未来(達成した未来)を明確にイメージし創造できる。
 ④ 未来から現在への助言が得られる。

参照ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

スウィッシュパターン

スウィッシュパターンとは、サブモダリティの変化を活用し、望ましくない行動のイメージを一瞬にして新しい行動のイメージに変化させることで、自分自身の反応を変えていくスキルです。

スウィッシュパターンはある状態A(望まない行動や習慣)のイメージを変換し、望む状態の新しいイメージに切り替え、望まない状態Aに対する自分の反応を変えていく手法です。
これにより、望まない状態Aは、新しい望む状態Bへのトリガー(引き金)となります。
スウィッシュパターンには、視覚を中心に行うものや聴覚のイメージを変えていくものなど、様々に手法があります。

活用例としては、以下があげられます。

・悪癖の改善 (イメージを変える)
  -甘いものを食べる自分  → ジョギングする自分
  -2度寝してしまう自分   →1度ですっきり爽やかに起きる自分
  -タバコを吸ってしまう自分 →深呼吸している自分

・思い出すと嫌な感じを得る事柄(人)のイメージを変える
  -特定の病気のイメージ → 健やかに散歩しているイメージ

・ネガティブなイメージをポジティブなイメージに変える
  -自分が緊張してプレゼンしている姿 → 堂々とにこやかにプレゼンしている姿

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

6ステップリフレーミング

6ステップリフレーミングは、「やめたいのに、やめられない行動」や「やりたいけど出来ない行動」などの、自分の葛藤となっている、習慣や行動、感情などのパターンを変更させるモデルです。

パート(自分の体の無意識的部分)と対話をしながら、問題となっている「行動」の肯定的「意図」を探り、より高次の代替案(選択肢)を探っていきます。ポイントは、「行動」と「意図」との分離を行うことです。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

視線解析(アイ・アクセシング・キュー)

目と脳は非常に密接な関連があります。「見る」という行為は、目の働きではなく、目と脳の連携にあります。
「目は口ほどにものを言う」と言われるように、目の動きのパターンを観察することで、相手が脳の中のどの部分にアクセスしているかの手がかりがつかめます。
ある事柄を、画像(イメージ)捉えているのか、音で捉えているのか、感覚で捉えているのかというヒントです。
それによってどのように接するのが良いかがわかってきます。
 
これらの目の動きは、側部眼球運動 (LEM-Lateral eye movement)と呼ばれ、NLPでは、これらを視線解析(アイ・アクセシング・キュー eye accessing cues) と呼んでいます。
これらの眼の動き(上下左右斜め)は、世界中の多くの国、人々に見られ、同じような思考プロセスにつながるキュー(ヒント)になります。

  • 右上への動き  → 創造された視覚情報(イメージ)にアクセス
  • 左上への動き  → 記憶された視覚情報(イメージ)にアクセス
  • 右水平への動き → 創造された聴覚情報(創られた音)にアクセス
  • 左水平への動き → 記憶された聴覚情報(音)にアクセス
  • 右下への動き  → 身体感覚情報(イメージ)にアクセス
  • 左下への動き  → 内的対話(自分自身との対話)

*上記のアイ・アクセシング・キューは誰にでも当てはまるものではありません。
 全く目が動かない人や、上を向いたりする人、逆に動く人など、異なったパターンの人もいます。

 また、左利きの人は逆になるかもしれません。
 相手をよくキャリブレーションすることでその違いの癖を見つけておくことが必要です。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

サブモダリティ

サブモダリティとは、五感の構成要素のことです。

私たちの『体験・経験』は、五感を通して認識し記憶保存されていきます。
この体験は更に詳細な構成要素に分けることができます。NLPではこれをサブモダリティ(従属要素)と言います。

視覚(画像)のサブモダリティ-:色(カラー/白黒)、明るさ、大きさ、形、鮮やかさ、コントラスト・・・
聴覚(音)のサブモダリティ-:音量、音程、テンポ、スピード、方向(ステレオ/モノラル)・・・
感覚(身体感覚、臭い、味):場所 、圧力、温度、湿度、質感、強度、重さ・・・・・・
私たちが『体験・経験』を思い出す時には、これらのサブモダリティレベル
に構造化された、事実とは異なる、自分の地図に描かれた記憶を呼び起こします。  

NLPにおいてサブモダリティが重要な役割を担う一つは、自分で描いた記憶を
サブモダリティを通して、変えていけることです。

外部刺激 →知覚 →記憶 →解釈

この解釈を変えるために、サブモダリティを変化させ記憶と知覚を変化させていきます。

サブモダリティを活用すると、例えば以下のようなことが可能になります。

・望む未来を自分の望むように生き生きと作り出すことができる。
・過去の嫌な体験の記憶認識を、自由な形に変えて、現在を良い状態に変えていける。
・苦手な人や関心のない人の印象を変えて、自分の反応を変えることができる。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

サークルオブエクセレンス

サークルオブエクセレンスとは、目の前に円(サークル)をイメージして、視覚と空間をアンカーを用いて心身状態を変化させるスキルの1つです。
エクセレントな状態に、いつでも自由になることができます。

空間や場所を使った「スペースアンカー」の1つの方法です。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

恐怖症の治療(フォビアキュア)

恐怖症の治療とは、過去の嫌な体験(恐怖体験)を一瞬で書き換えることにより、その嫌な(恐怖)体験によって身につけた感情を開放して、恐怖を和らげたり、安心することで、現在の行動に繋げて行きます。

参照ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

キャリブレーション

キャリブレーションとは、相手の無意識的(非言語的)な反応をキャッチして、相手の心理を読み取るプロセスのことです。
人が様々な思考や感情を経験している時に、その人の外面に現れる表情や顔色、呼吸や目の動きなど、非言語的な反応の微妙な変化の違いを、素早く見分けることがポイントです。 
NLPの変化のプロセスにおいて、 キャリブレーション(観察)は重要な土台となります。
日々、意識しトレーニングしていくことで、キャリブレーション能力は向上していきます。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

学習のプロセス

NLPを学ぶ上で重要になる学び方のプロセスを紹介します。
物事を学ぶには、5段階のレベルがあります。

  1. 無意識無能(知らないしできない状態)
  2. 有意識無能(わかっているけれどもできない状態)
  3. 有意識有能(意識すればできる状態)
  4. 無意識有能(意識せずともできる状態)
  5. 無意識有能かつ有意識有能(無意識で行っているプロセスを人に意識的に教えたり修正できる状態)

NLPでは、特に4.でうまくいかないパターンに気づき、2.→3.のプロセスを経て新しい4.のパターンを獲得したり、5.の状態に行くことにより、望む結果を手に入れることに役立てられます。

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

アンカー潰し(中和のアンカー、コラプシングアンカー)

アンカー潰しとは、二つの相反する状態を統合(中和)させて、
ネガティブな状態を、ポジティブな状態で打ち消していくスキルです。

ネガティブな状態に対して、アンカリングを活用して、リソースを加えることで状態を統合(中和)させて、新たな状態を生み出します。そうすることで、今までのネガティブな感覚は新しいリソースへと変化していきます。

つまり、今までネガティブに思っていた感覚が、気にならなくなったり、
楽になったりと変化していきます。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

アンカリング

アンカリングとは、五感を通して起こった一定の刺激に対して、一定の条件づけられた反応を引き起こすことです。

パブロフの犬の実験はご存知だと思います。犬にベルの音を聞かせてから餌を与えることを続けると、ベルの音を聞いただけでヨダレを出すようになるというものです。
ベルという【刺激】とヨダレという【反応】が結びつき、条件付けされた訳です。
この【刺激】と【反応】の条件付けを人間にも適応させたのがアンカリングという手法です。

アンカーとは碇(いかり)を下ろすという意味です。
ある刺激に自然に反応するように、脳に碇を下ろしておこうということです。

日常の中でのアンカー

五感への刺激がトリガー(引き金)となり、その五感と結びついた過去の体験や経験がよみがえり、ある特定の反応や感情が呼び起こされます。 ~アンカーの例

    ①視覚:特定の状況、状態を見ることである状態になる。 
    (例:ファッション、シンボル、広告、思い出のもの) 
     *赤信号を見ると止まる。 *ハワイの映像を見ると安らぐ 
  
    ②聴覚:特定の言葉や音楽を聴くことである状態になる。
    (例: 思い出の曲、特定のトーン、音) *映画ロッキーの曲を聞くとやる気が出る。    
                          *やめられない 止まらない♪ ●●(CM)

    ③触覚:特定の感覚を受けることである状態になる。
    (例:強いジェスチャー、肌触り、特定の痛み)*シャワーを浴びるとリラックスできる。
    ④臭覚・味覚:特定の感覚を受けることである状態になる。
    (例: 特定の匂い、特定の味。)  *味噌汁の匂いを嗅ぐと、懐かしい気持ちになる
       特定の辛さの刺激を受けると、どっと汗が出てくる。

NLP (神経言語プログラミング)のアンカリングのテクニックを使うと、
いつでも自分を最高の状態を持っていけるようにアンカーを設定することができます。

アンカーの活用法
以下のような大事な場面で、自分の望む状態にすることができます。 
     ・人前で話す前、重要な会議の前に、自信のある状態に。
     ・テストを受ける前に、リラックス状態に。
     ・怒りの感情が沸いた時に気持ちを切り替えて、笑いのある状態に。
     ・クライアントとの交渉前に、リラクッスと集中を同時に。
     ・勝負デートの前・・・・・・包容力のある自分に。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

アソシエイト・ディソシエイト

アソシエイト【連合】とは、過去の体験などを主観的な状態で捉えていることです。
過去の体験を思い出す時に、その当時の自分と一体(連合)となって見たり聞いたり感じたりしているとアソシエイト状態です。
つまり、その映像には自分自身が見えません。

一方、ディソシエイト【分離】とは、過去の体験などを客観的に捉えて、自分や物事と分離した状態で捉えています。
つまり、過去の自分の体験を思い出した映像に、自分自身が見えます。自分を客観的に捉えています。

この2つの状態の捉え方を活用して、嫌な体験はディソシエイトに変化させて感覚を遠ざけ、目標達成のイメージなどは、アソシエイトで強烈に感じることにより、望む結果へ近づくことができます。

アソシエイト・ディソシエイトとも視覚イメージの捉え方であり、サブモダリティの一部です。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

アウトカム

アウトカムとは、一般的には「結果」と訳されますが、NLPにおいては、自分の望む結果、望ましい状態、目標や目的などのことを言います。
アウトカムを明確することにより、アウトカム達成の可能性が飛躍的に高まります。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」