NLPの起源
NLPとは
NLPの効果
DVD版2日間速習NLP
最近の投稿

NLPスキル – ナ行

ニューロロジカルレベル

ニューロロジカルレベルとは、G・ベイトソン氏の考えを発展させ、ロバート・ディルツ氏によって体系化された階層論理モデルです。
人間の「意識(外界をどのように知覚し、情報処理するのか)」を6つのレベルに分けて体系化したものです。全てが相互に結びつき、影響しあいます。

高いレベルの変化は、低いレベルにも影響し、変化を及ぼします。また、高いレベルほど抽象的で、潜在意識的であり、低いレベルほど具体的で、顕在意識的です。問題として表面化していることの多くは、環境、行動、能力といった、低いレベルにあります。問題を解決する際は、そうした低いレベルを変化させるのではなく、それよりも高いレベルを変化させる必要があります。

潜在意識的(深層的な)レベルから順に、 ①スピリチュアル ②アイデンティティ ③信念と価値 ④能力 ⑤行動 ⑥環境

スピリチュアル以下5段階は、英語における疑問詞と連動しています。

①スピリチュアル(Being)
世界の中でのBeing(在り方)を意識するレベル。
「個」の意識を超えた、家族、集団、社会、自然や宇宙全体のシステムの中での自分を意識します。

②アイデンティティ(自己認識)(Who)
自分は何者(Who)であるか、自分のミッションを意識するレベル。
私は誰か? 何のために生まれてきたか?

②信念と価値(Why)
なぜ(Why)行うのか?私たちが行うことに意味を与える意識レベル
何が大切か。何を信じているか。

③能力(How) 
精神・思考(戦略)・肉体的スキル(リソース)の活用(HOW どのように)を意識するレベル
どのように行うか。行動の中に見出します。

④行動(What)
 何を(What)するか?を意識するレベル
 すること。振る舞い。NLPでは思考も含みます。

⑤環境(Where When)
 いつ、どんな場所(Where When)でを意識するレベル
 場所・時間・人(何が見えるか、聞こえるか・・)が関わります。

ニューロ・ロジカル・レベルの活用として以下のようなことが挙げられます。

・アウトカムの設定(具体化)
・悩んでいるポイントの理解と解決策
・ビリーフチェンジ(セルフイメージ向上)
ニューロロジカルレベルの統一

参照ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」