NLPの起源
NLPとは
NLPの効果
DVD版2日間速習NLP
最近の投稿

NLPワーク一覧

-メタモデル- 動画

メタモデルとは、言葉というモデルを超えたモデルのことで、コミュニケーションによって相手から正確な情報を引き出し、相手の可能性を拡げる質問法のことです。”
以下のことが可能となります。

① 欠落した情報を収集する。(省略された情報の復元)

② 言葉の意味や意図を明確にする。(地図を詳細にして理解する。具体化。)

③ 思考の制限を明らかにし、選択肢を与え、可能性を広げる。
(思考の制限や歪曲、一般化のパラダイムを明らかにし、地図を豊かにする)

元々はヴァージニア・サティアとフリッツ・パールズの治療プロセスをモデリングをすることでリチャードバンドラー、ジョン・グリンダーによりモデル化されました。
人は体験を言語化する際に、以下のような3つの操作を行っており、質問することによって言語の奥にある体験を探ることができます。

私たち人間は、何らかの体験をした時、それを歪曲、削除、一般化(単純化)という3つの操作を行って、それを認識しています。更にその体験を言語化する際には、また3つの操作を行っています。”
つまり、私たちの個々の体験は、事実そのものではなく、自分自身の地図に基づいた解釈であり、思い込みをもたらします。

EX)お金を稼ぐのは大変だ。 投資は危ない。(親にずっと言われてきたとか)

メタモデルでは、体系化された質問を行うことによって、正確な情報を引き出し、相手が持っている制限された思い込みの地図から、自由で豊かな地図へと変えていくことが可能です。

メタモデルによって言語と体験を再統合することにより次のように役立てられます。
①欠落した情報の収集。(相手とより正確なコミュニケーションをすることができる)
②言葉の意味(意図)の明確化。(言葉の意味を明確、詳細に理解することができる)
③制限の発見。(言葉により制限しているものを外す。セルフイメージ改善など
 にも役立つ。”
④選択の幅の創造。 (やり方は一つではない。柔軟性を増すことができる。可能性を拡げる)

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-ポジションチェンジ- NLP無料動画学習サイト(シナジープラス)

▼シナジープラス▼

http://www.synergyplus.co.jp/

▼NLP無料動画学習サイト▼

http://nlp-free.jp/

ポジションチェンジとは、物理的に位置(ポジション)を移動し、知覚を変えることによ­り、視点や思考を変えることです。

このスキルは、元々はゲシュタルト心理療法のエンプティチェア、がベースになっていま­す。NLPでは、私、相手、メタ(中立)の3つのポジションを移動することにより、テ­ーマとなる事柄について、視点や思考を変えてみることが可能となります。
三つの異なる知覚位置から対人関係を体験することにより、自分の奥深い気持ちや、相手­の本当の思いを感じることができます。
そうすることで、意識状態も変化し、関係性を変えていくための新たな気づきを得ていき­ます。

以下のような場面で活用できます。

・苦手な人との関係改善
(上司、部下や夫婦などの関係性を良くしていきたい場合)
・創造的な企画の立案
・プレゼンテーションのスキル・アップ
・相手の立場で物事を考える
(商談前に、商談相手の立場になってのシュミレーションを行うなども効果的)

*・NLPのモデリングのスキルを使用すると非常に有効です

 

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-アイアクセシングキュー- NLP無料動画学習サイト

▼シナジープラス▼

http://www.synergyplus.co.jp/

▼NLP無料動画学習サイト▼

http://nlp-free.jp/

目と脳は非常に密接な関連があります。「見る」という行為は、目の働きではなく、目と­脳の連携にあります。
「目は口ほどにものを言う」と言われるように、目の動きのパターンを観察することで、
相手が脳の中のどの部分にアクセスしているかの手がかりがつかめます。
ある事柄を、画像(イメージ)捉えているのか、音で捉えているのか、感覚で捉えている­のかというヒントです。
それによってどのように接するのが良いかがわかってきます。

これらの目の動きは、側部眼球運動 (LEM-Lateral eye movement)と呼ばれ、NLPでは、
これらを視線解析(アイ・アクセシング・キュー eye accessing cues) と呼んでいます。
これらの眼の動き(上下左右斜め)は、世界中の多くの国、人々に見られ、
同じような思考プロセスにつながるキュー(ヒント)になります。

右上への動き  → 創造された視覚情報(イメージ)にアクセス
左上への動き  → 記憶された視覚情報(イメージ)にアクセス
右水平への動き → 創造された聴覚情報(創られた音)にアクセス
左水平への動き → 記憶された聴覚情報(音)にアクセス
右下への動き  → 身体感覚情報(イメージ)にアクセス
左下への動き  → 内的対話(自分自身との対話)

*上記のアイ・アクセシング・キューは誰にでも当てはまるものではありません。
全く目が動かない人や、上を向いたりする人、逆に動く人など、異なったパターンの
人もいます。

また、左利きの人は逆になるかもしれません。
相手をよくキャリブレーションすることでその違いの癖を見つけておくことが必要です。

 

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-タイムライン- NLP無料動画学習サイト(シナジープラス)

▼シナジープラス▼

http://www.synergyplus.co.jp/

▼NLP無料動画学習サイト▼

http://nlp-free.jp/

●過去からのリソースを集め、現在のリソースにします。

1.まず、前方が未来、後方が過去のタイムラインをイメージし、現在と思う地点に立ち­ます。     リラックスします。 (目標を定め、現時点から目標がどう見えるかを確認。)

2.過去のタイムラインを後ろ向きにゆっくりと歩いていき、目標達成に向けて役立つ     リソース体験があるところで止まります。 *ふと感じたところで止まります。

3. いつですか? 何をしていますか? どこにいますか? 何が見えますか?(V)     何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)

4. リソース体験に十分インステートできたら、アンカリングを行います。

5.さらに過去にさかのぼります。

6.同じようにリソース体験にインステートし、3.を繰り返し、全部で3つのリソース­体験
をアンカリングします。

7.3つ体験し終わったら、更に一歩下がって未来の方向を見ます。
更に一歩下がって未来の方向を向き、今まで歩んできた道と未来を見渡します。

8.3つの体験を、それぞれ拾い上げ、体験にインステートしてアンカーを強めます。

9.現在まで戻って、アンカーを発火させ、フューチャーペーシングを行い変化を確認し­ます。

 

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-目標設定- NLP無料動画学習サイト(シナジープラス)

▼シナジープラス▼

http://www.synergyplus.co.jp/

▼NLP無料動画学習サイト▼

http://nlp-free.jp/

例えば、視線の動かし方ひとつでも、イメージできる目標は変わってきます。

上を向くと中長期のイメージが立てやすくなり、
下を向いた状態は、短期的な地に足のついた計画を立てたり
リスク分析をするのに適した状態になります。
知覚位置を変えていきます。

ディズニー創造性ストラテジー も知覚位置を変えて目標設定するワークですので
ご参照ください。

また、潜在意識は否定形を認識しないため
目標は肯定形で書いたり、言ったりすることが大切です。

つまり、「寝坊しないようにしよう」と思うと、寝坊の映像が浮かぶため
「早起きしよう」とイメージします。
言葉の使い方も目標設定においては極めて重要です。

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-ミルトンモデル- NLP無料動画学習サイト(シナジープラス)

▼シナジープラス▼

http://www.synergyplus.co.jp/

▼NLP無料動画学習サイト▼

http://nlp-free.jp/

ミルトン・モデルとは、意図的に曖昧な言葉を使うことで、相手にとって最も適切な意味­が受け取れるようにしていくモデルです。メタ・モデルが曖昧な表現を明確にするために­用いられるのに対し、ミルトン・モデルはあえて曖昧な表現をするために用いられること­から、逆メタ・モデルと言われる事もあります。

このモデルは、現代催眠の第一人者である「ミルトン・エリクソン」の治療プロセスを、­NLPの開発者であるリチャード・バンドラー氏とジョン・グリンダー氏が研究し、そこ­で使われていた言語を分析し、モデル化したものです。その結果は2冊の本にまとめられ­ました。
*『Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H.Erickson M.D.,Volume 1(1975)・Volume 2(1977)』

このモデルは、意図的に曖昧な言葉を使うことで、相手にとって最も適切な意味(内的体­験による自分なりの解釈)で受け取れるようにしていくモデルです。

そうすることで、相手の表面(意識)的な抵抗を受けることなく、相手の潜在意識(深い­世界観)にしっかりペースを合わせることができ、相手とのラポールが築けていきます。

深いラポールは、相手の無意識へのアクセスを可能にさせて、リソースを活用することが­可能になり、望む結果に近づくことができます。

◆ミルトンモデルの特徴
徹底したクライアントの世界観へのペーシング
曖昧な言葉の使用
思考を混乱させ潜在意識へつなげる。
(→顕在意識の抵抗が起こりにくく、潜在意識に直接働きかけられる)
クエスチョンの使用
非言語スタイルの使用

 

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-ビジュアライゼーション- NLP無料動画学習サイト

▼シナジープラス▼

http://www.synergyplus.co.jp/

▼NLP無料動画学習サイト▼

http://nlp-free.jp/

ビジュアライゼーションとは催眠療法のスキルの1つです。

催眠誘導を通じて、未来の自分とイメージの中で会話をしたり、
自分の価値観を形成する図書館をイメージし、蔵書を入れ替えたりします。

催眠術ではないので、意識を失ったりすることはありません。
意識のある状態で夢を見るような感覚で、自分の潜在意識と向き合っていきます。
大きな感動が待っています。

シナジープラス/日本NLPコーチング協会のオリジナルのワークです。

 

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-ニューロロジカルレベル- NLP無料動画学習サイト

▼シナジープラス▼

http://www.synergyplus.co.jp/

▼NLP無料動画学習サイト▼

http://nlp-free.jp/

ニューロロジカルレベルとは、G・ベイトソン氏の考えを発展させ、ロバート・ディルツ­氏によって体系化された階層論理モデルです。
人間の「意識(外界をどのように知覚し、情報処理するのか)」を6つのレベルに分けて­体系化したものです。全てが相互に結びつき、影響しあいます。

高いレベルの変化は、低いレベルにも影響し、変化を及ぼします。また、高いレベルほど­抽象的で、潜在意識的であり、低いレベルほど具体的で、顕在意識的です。問題として表­面化していることの多くは、環境、行動、能力といった、低いレベルにあります。問題を­解決する際は、そうした低いレベルを変化させるのではなく、それよりも高いレベルを変­化させる必要があります。

潜在意識的(深層的な)レベルから順に、 ①スピリチュアル ②アイデンティティ ③信念と価値 ④能力 ⑤行動 ⑥環境

スピリチュアル以下5段階は、英語における疑問詞と連動しています。

①スピリチュアル(Being)
世界の中でのBeing(在り方)を意識するレベル。
「個」の意識を超えた、家族、集団、社会、自然や宇宙全体のシステムの中での自分を意­識します。

②アイデンティティ(自己認識)(Who)
自分は何者(Who)であるか、自分のミッションを意識するレベル。
私は誰か? 何のために生まれてきたか?

②信念と価値(Why)
なぜ(Why)行うのか?私たちが行うことに意味を与える意識レベル
何が大切か。何を信じているか。

③能力(How)
精神・思考(戦略)・肉体的スキル(リソース)の活用(HOW どのように)を意識するレベル
どのように行うか。行動の中に見出します。

④行動(What)
何を(What)するか?を意識するレベル
すること。振る舞い。NLPでは思考も含みます。

⑤環境(Where When)
いつ、どんな場所(Where When)でを意識するレベル
場所・時間・人(何が見えるか、聞こえるか・・)が関わります。

ニューロ・ロジカル・レベルの活用として以下のようなことが挙げられます。

・アウトカムの設定(具体化)
・悩んでいるポイントの理解と解決策
・ビリーフチェンジ(セルフイメージ向上)
・ニューロロジカルレベルの統一

 

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-アンカリング- NLP無料動画学習サイト(シナジープラス)

▼シナジープラス▼

http://www.synergyplus.co.jp/

▼NLP無料動画学習サイト▼

http://nlp-free.jp/

アンカリングとは、五感を通して起こった一定の刺激に対して、一定の条件づけられた反­応を引き起こすことです。

パブロフの犬の実験はご存知だと思います。犬にベルの音を聞かせてから餌を与えること­を続けると、ベルの音を聞いただけでヨダレを出すようになるというものです。
ベルという【刺激】とヨダレという【反応】が結びつき、条件付けされた訳です。
この【刺激】と【反応】の条件付けを人間にも適応させたのがアンカリングという手法で­す。

アンカーとは碇(いかり)を下ろすという意味です。
ある刺激に自然に反応するように、脳に碇を下ろしておこうということです。

日常の中でのアンカー

五感への刺激がトリガー(引き金)となり、その五感と結びついた過去の体験や経験がよみがえり、ある特定の反応や感情が呼び起こされます。
~アンカーの例
①視覚:特定の状況、状態を見ることである状態になる。
(例:ファッション、シンボル、広告、思い出のもの)
*赤信号を見ると止まる。 *ハワイの映像を見ると安らぐ
②聴覚:特定の言葉や音楽を聴くことである状態になる。
(例: 思い出の曲、特定のトーン、音) *映画ロッキーの曲を聞くとやる気が出る。
*やめられない 止まらない♪ ●●(CM)
③触覚:特定の感覚を受けることである状態になる。
(例:強いジェスチャー、肌触り、特定の痛み)*シャワーを浴びるとリラックスできる­。
④臭覚・味覚:特定の感覚を受けることである状態になる。
(例: 特定の匂い、特定の味。)  *味噌汁の匂いを嗅ぐと、懐かしい気持ちになる
特定の辛さの刺激を受けると、どっと汗が出てくる。

NLP (神経言語プログラミング)のアンカリングのテクニックを使うと、いつでも自分を最高の状態を持っていけるようにアンカーを設定することができます。

アンカーの活用法
以下のような大事な場面で、自分の望む状態にすることができます。
・人前で話す前、重要な会議の前に、自信のある状態に。
・テストを受ける前に、リラックス状態に。
・怒りの感情が沸いた時に気持ちを切り替えて、笑いのある状態に。
・クライアントとの交渉前に、リラクッスと集中を同時に。
・勝負デートの前・・・・・・包容力のある自分に。

 

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-VAKモデル- NLP無料動画学習サイト(シナジープラス)

▼シナジープラス▼

http://www.synergyplus.co.jp/

▼NLP無料動画学習サイト▼

http://nlp-free.jp/

視覚・聴覚・身体感覚などの主要な感覚の中で、様々な場面において優先的に使われる感­覚を
NLPでは『優先表出システム(優位感覚)』と呼んでいます。
これを知ることにより、自分の最適の学習スタイルがわかったり、
相手の『優先表出システム(優位感覚)』に合わせることにより、ラポールを築きやすく­なります。
『優先表出システム(優位感覚)』を知る手がかりとしては、
視線の動きや、話すスピードや姿勢、ジェスチャー、話す言葉の内容などがあります。

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

-視線解析(アイ・アクセシング・キュー)- 動画

参照用語

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

キャリブレーション(体感覚) – 動画 -

参照用語

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

リソースアンカリング – ワーク

① アンカリングする場所(ポーズ)を決めます。

② 自信に満ち溢れていたり、ワクワクしたリソースフルだった状態を思い出します。

③ その出来事について答えます。

④リソースフルな状態にインステイト(状態に入る)していきます。
  体験のサブモダリティを話します。
  リソースに満ちた感覚を十分に感じます。
  十分に感じたら、ピークの直前でアンカリングします。

⑤ ブレークステート (ex:昨日の晩御飯は何を食べましたか?)

⑥ 必要に応じて②~④を2、3回繰り返して、アンカーを強化します。

⑦ アンカリングが成立しているか、リピートできるかのチェックを行います。
    瞬時にインステイトできればOK。できなければ、②~④を繰り返します。

 参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

モデリング – ワーク

①手に入れたい成果(能力)は何ですか?

②それが手に入るとどのような状態ですか?

③それがうまくできる人(持っている人)は誰ですか?

④その人はどんな特徴がありますか? (詳細に目の前に観察しながら確認)

⑤ではその人の中に入って見ましょう。(向かいのイスに)

⑥その人になりきって、身体の感覚や表情など合わせる。

⑦ニューロロジカルレベルの質問を確認します。
  1.あなたは今どこにいますか?何が見えますか?何が聞こえますか?
    何が感じられますか?
  2.あなたは、何をしていますか? 何を考えていますか?
  3.あなたは、望む結果を得るためにどんな能力を持っていますか?
    どんなことが可能ですか?
  4.あなたが望む結果を得るために大事にしていることは何ですか?
    どんな価値観を持っていますか?
  5.あなたの使命はなんですか?
    何をするために生まれてきたのですか?
  6.目の前のAさん(自分)にアドバイスをしてあげてください。

⑨モデルからゆっくりと抜け出して下さい。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

ポジションチェンジ – ワーク

①第一ポジションに座り、人間関係を改善したい人や苦手な人を一人決めます。

②目の前にいる相手に、伝えたいことをドンドン伝えます。

③十分に言いたいことを伝えたら気持ちと身体をそこに置いて、第三ポジションに移ります。
  ブレークステートし、第三者となって、二人の関係を客観的に見ます。

④続いて、そこから抜け出て第二ポジション (相手ポジション)に座ります。
  目の前の自分自身に対して、相手になりきって伝えたいことを伝えます。

⑤再び、第一ポジションに来て、伝えたいことを伝えます。

⑥さらに、第三ポジションに来て二人の関係を客観的に見ます。
  また、これから可能性も見ます。

⑦再び、第一ポジションに戻り、変化を確認します。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

ヴィジュアルスカッシュ(葛藤の統合) – ワーク

①相反する2つの行動や事柄(葛藤)を決めます。
  ex) 今の職場で頑張る。      ⇔ 転職する。

②1番目の行動をする自分を想像して、その行動を創り出しているパートを
  探り、そのパートから片方の手に、イメージを取り出します。
  サブモダリティを確認します。(色、大きさ、形、重さ・・・)
 
③取り出したパートに、肯定的意図を確認し、意図と行動を分離します。
  パートが答えてくれたら、感謝を伝えます。

④「2番目の行動をする自分を想像して、その行動を創り出しているパートを
  探り、そのパートから反対の手に、視覚的イメージを取り出します。
  サブモダリティを確認します。(色、大きさ、形、重さ・・・)
 
⑤取り出したパートに、肯定的意図を確認し、意図と行動を分離します。
  パートが答えてくれたら、感謝を伝えます。

⑥ 両手を前に出し、お互いのパートを向かい合わせて、お互いが
  大事であることを話し合わせます。

⑦ゆっくりと両手を近づけていきます。やがて統合されます。

⑧両手を開き、そこに出てきたイメージを言います。
   (サブモダリティを聞いていきます。)

⑨ 新しいパートを自分の中に取り込みます。

⑩フューチャーペーシング

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

ニューロロジカルレベルの統一 – ワーク

1.リラックスします。
  はじめに、未来の望む結果状態を言語化して、スタートします。

2.環境レベルに入ります。
 望む結果・状態を創り出すために、周りの環境で、見えるもの、聞こえるもの、
 感じること(気持ち、身体的感覚)を話します。
 (あなたはどこにいますか? 今いつ頃ですか? あなたの周囲にはどんな人が
  いますか?  何が見えますか? 聞こえますか? どんな感じですか?)

3.行動レベルに入ります。
 望む結果・状態を創り出すために必要な行動・振る舞いを伝えます。
 (あなたは何をする必要がありますか?あなたがとっている行動は何ですか?)

4.能力レベルに入ります。
 それに対して、自分の持っている能力は何ですか?可能性は何ですか?

5.信念・価値観レベルに入ります。
望む結果・状態を創り出すためにどのような信念が必要ですか。
 (あなたは何を大切にしていますか?どのような価値観が重要ですか?)

6.自己認識レベルに入ります。
 望む結果・状態を創り出すたに、自分自身のアイデンティティーを探る。
 (あなたは何をする人ですか?あなたの役割・使命は何ですか?あなたは誰ですか?)
 
7.スピリチュアルレベルに入ります。
 自分を超えたスピリチュアルな意識とつながり、それをアンカリングします。

→そして、ひとつひとつのレベルを戻ります。
 それぞれのレベルに移り、意識の変化を感じとり、それを統一させていきます。
 往路と復路での変化に気づきます。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

ディズニー創造性ストラテジー – ワーク

以下、3つの状態にインステートして、空間アンカーをつくります。

1.夢想家(ドリーマー) :何も制限なく、新しい考え発想をする。理想溢れる夢追う人。手を腰にあてるか頭の後ろで組み、にっこり上を見上げる。足は肩幅くらいに開く。

2.現実家(リアリスト):現実的な側面から物事を解釈、判断していく人。腕を組んで少し下を見る。

3.中庸者・批評家(クリティック):欠けている所や、付け加えをしていく。1.2を総合的に評価する人。手は前、または後で、リラックスした体制。

 ※3人は敵ではなく仲間。
①メタポジションから、3つの状態を三角形の角のポイントに想定します。

②課題を設定し、三角形の中央に課題の状況スペースをつくり、入ります。
 
③夢想家の位置で、インステートし感じたままに話ます。真ん中の課題状況の自分自身との対話を想像し、助言します。なり切って自分に話しかけてください。
④現実家の位置で、インステートし感じたままに話ます。真ん中の課題状況の自分自身との対話を想像し、助言します。なり切って自分に話しかけてください。
⑤批評家の位置で、インステートし感じたままに話ます。真ん中の課題状況の自分自身との対話を想像し、助言します。なり切って自分に話しかけてください。
⑥③~⑤を繰り返し、新しいアイデアを探究していきます。
⑦十分にアドバイスをもらったら、頂いた意見を持ったまま、真ん中の課題ポジションに入ります。
⑧どのような変化があったか、確認します。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

チェインプロセス – ワーク

チェインプロセスとは、体とイメージを使って、何度も目標達成のイメージをシュミレーションしていく
目標実現ワークです。

1.まず、望む結果、目標を設定します。 
2.タイムラインの現在の位置に立ちます。
  そして、「現在」についてのイメージを確認します。
  何が見えますか?(V) 何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)
 
3.未来に向かって4歩き、望む結果を達成した地点に立ちます。
  イメージを確認します。
  何が見えますか?(V) 何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)
 
4.それでは、タイムラインを外れて「現在」に戻ります。
 
5.「現在」についてのイメージを確認します。
  何が見えますか?(V) 何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)
 
6.そして、まず「一歩」歩きます。①の位置 ●年●月(●歳)の、望ましい
  未来の地点での状態についてイメージを確認します。
  何が見えますか?(V) 何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)
 
 
7.では、更に一歩進み、②の位置 ●年●月(●歳)の、望ましい未来の
  地点での状態についてイメージを確認します。
  何が見えますか?(V) 何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)

 8.では、更に一歩進み、③の位置 ●年●月(●歳)の、望ましい未来の
  地点での状態についてイメージを確認します。
  何が見えますか?(V) 何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)
 
 
9.そして、更に一歩進んで、望む結果を達成し、望ましい未来の
  地点での状態についてイメージを確認します。
  何が見えますか?(V) 何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)
 
 
10. さらに今度は、望む結果の地点から一歩進んで「メタアウトカム」の地点へ進んで
   イメージを確認します。
   何が見えますか?(V) 何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)
 
11. 「現在」の地点に戻ります。
 
12.望む結果へと続く未来を歩いていきます。
   それぞれの地点を味わって進みます。
 
13. ペースを速めながら3~4回体験します。
 
14. 最後に、望む結果(目標達成)地点で、十分にアンカリング(VAK)し、現在地点に 戻ります。
 
15.「望む結果」に対しての見方の変化を確認します。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

タイムライン – ワーク

●過去からのリソースを集め、現在のリソースにします。

  1. まず、前方が未来、後方が過去のタイムラインをイメージし、現在と思う地点に立ちます。
    リラックスします。 (目標を定め、現時点から目標がどう見えるかを確認。)
  2. 過去のタイムラインを後ろ向きにゆっくりと歩いていき、目標達成に向けて役立つリソース体験があるところで止まります。 *ふと感じたところで止まります。
  3. いつですか? 何をしていますか? どこにいますか? 何が見えますか?(V)
    何が聞こえますか?(A) どんな感じがしますか?(K)
  4. リソース体験に十分インステートできたら、アンカリングを行います。
  5. さらに過去にさかのぼります。
  6. 同じようにリソース体験にインステートし、3.を繰り返し、全部で3つのリソース体験をアンカリングします。
  7. 3つ体験し終わったら、更に一歩下がって未来の方向を見ます。
    更に一歩下がって未来の方向を向き、今まで歩んできた道と未来を見渡します。
  8. 3つの体験を、それぞれ拾い上げ、体験にインステートしてアンカーを強めます。
  9. 現在まで戻って、アンカーを発火させ、フューチャーペーシングを行い変化を確認します。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」