NLPの起源
NLPとは
NLPの効果
DVD版2日間速習NLP
最近の投稿

NLPワーク一覧

スウィッシュパターン(エナジーボール) – ワーク

  1. 目の前に大きなボールか風船をイメージします。
    次に、解消したいと思っている衝動や特定の行動(習慣、癖)、 自分の変化させたい感情を選んで、その中に入れていきます。
  2. そのボールに好きな色をつけて、カラーボール(風船)にしていきます。
  3. 目の前のカラーボールに入れたものは、本当に手放してしまっても いいものか、エコロジカルチェックをしてみます。
  4. 次に、手の上に小さく真っ黒でしっかりしたボール(エナジーボール)をイメージします。
  5. その小さな黒いボールに、自分のエナジーとなるパワフルリソースをどんどん入れていきます。
    (達成した体験、感動した体験、自信、有機、アイデア、感謝、、)
  6. エナジーボールを手に握り、正面のカラーボールめがけて、大きな掛け声とともに、思いっきりぶつけます。
     ex) 「1、2、3、スウィッシュ!」
         「シューッ!」  「エイ!」   「ヤー」
  7. カラーボールの様子を見ながら、4~5回繰り返します。
  8. カラーボールが変化しなければ、様々な発想、アイデアで変化させてみましょう。(柔軟性)
     ex) バズーカ砲、レーザービーム、、
  9. 気持ち、感情の変化のシェアとフューチャーペーシングを行います。

 参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

スウィッシュパターン(ヴィジュアルスウィッシュ) – ワーク

  1. 解消したいと思っている衝動や特定の行動を選びます。
    (あるいは、嫌な出来事や体験でも可) 
     例)コンビニがあるとつい寄ってしまい甘いものを買ってしまう。
  2. 1.で選んだ行動や出来事を思い出し、最初のシーンをその時のアソシエイト状態で 目の前に描き見ます。
     例)コンビニの看板が見えたところのイメージ
  3. その行動や出来事を解決した、とても魅力的で生き生きとした 望ましい状態を、音声なども加え、目の前に描きます。
     例)姿勢よく、笑顔で前を見て(看板を見ずに)さっそうと歩いている様子
  4. 目の前に、2.で作った解消したい行動や出来事を大きな 明るいイメージで描き、同時に、4.で作った望ましい状態を 小さい白黒の画像にして、左下の隅に置きます。
  5. 「スウィッシュ(シュッ)」という声を出しながら、目の前の大きな明るい画像を暗く遠くにし、同時に、望ましい小さく暗い画像を、目の前に明るく大きな画像にして入れ替えます。
  6. 6.~7. のプロセスを、1回ごとに1秒ほど視線を外して、5回繰り返します。
    (イメージを擦り込みます)
  7. 未来に起こる1.のイメージを思い出してみて、変化を確認します。
     例)コンビニの看板をイメージすると、さっそうと前を向いて歩いているイメージに変わる

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

6ステップリフレーミング – ワーク

① 変化させる行動や反応を特定します。
  (やめたいけど、やめられない望ましくない行動や症状)
②その行動をさせている「パートA」とのコミュニケーションを図ります。
  自分の中に意識を向け、「パートA」に感謝します。
  パートAが感じられるところを特定し、コミュニケーションを図ります。

③肯定的な意図を行動から分離します。
  パートAに
 「私のために何をしてくれようとしていますか?」と尋ねます。
  行動の裏にあるポジティブな意図を見つけ出します。
  肯定的な意図が明確になるまで質問を続け、感謝を述べます。

④ 創造的なパートBに、同じ意図を満たす新たな方法を見つけてもらいます。
  パートBに新たな選択肢を3つ出してもらい感謝します。
⑤ パートAに新しい選択肢を受け入れてもらい、責任を持たせます。
⑥エコロジーチェック
  A)自分の中に、この新しい選択に反対する部分がないか自問します。
  B)周囲の人々にとっても反対や抵抗感がないかチェックします。
⑦フューチャーペーシング

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

サブモダリティチェンジ – ワーク

苦手な人のイメージを変化させる。

①深呼吸をしてリラックスしてください。
 そして、苦手な人(で印象を変えたいと思っている人)を思い浮かべてください

②苦手な人を思い浮かべます。

③苦手な人のイメージについてのサブモダリティを一通り引き出します。
 視覚的イメージ(明るさ、大きさ、鮮やかさ・・)
 聴覚的イメージ(ボリューム、方向、スピード、リズム・・)
 身体感覚イメージ(温度、湿度、質感、・・)
  
④VAKそれぞれについて、いくつかのサブモダリティを変化させ、
  状態を変化させていきます。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

サークルオブエクセレンス – ワーク

①過去の「とてもうまくいっている、望ましい状態」を思い出して下さい。
  *エクセレントステートの設定
②目の前にエクセレントサークルをイメージしてください。
 どんな色をしていますか?
③ ①のリソースフルな状態を呼び起こし、エクセレントサークルの中に入ってください。
④そこでの感覚を十分に味わってください。
  (何が見えますか?何が聞こえますか?どんな感じですか?)
⑤サークルの外に出ましょう。
ブレークステート ( 今日の朝ご飯は何でしたか?)
⑦再びエクセレントサークルをイメージし、その中に入ってみましょう。
  十分にその感じを味わってください。
⑧アンカーが発火することが確認できたら、サークルから出ましょう。
ブレークステート
⑩再びサークルに入ります。(ガイドはキャリブレーション)
  (エクセレントな状態がアンカリングできるまで ⑧、⑨を何度か繰り返します。)
⑪将来の夢や望ましい状態をイメージしながら、エクセレントサークルに入りましょう。
⑫そこで何が起こっているかイメージしてください。
  (何が見えますか?何が聞こえますか?どんな感じですか?)
⑬十分に味わったらサークルから出ましょう。
⑭好きな方法で、エクセレントサークルをしまいましょう。
  (コンパクト化、身体、物にアンカリング等)

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

恐怖症の治療(フォビアキュア) – ワーク

① 嫌な体験(恐怖体験)を一つ決めて、現在どのような障害になっているか確認します。
② 予め、ポジティブなアンカーを作っておきます。(安全の確保)
③ 映写室からスクリーンを見ます。
   映画館の客席に座っているところを想像してもらい、アソシエイトして座ります。
   目の前のスクリーンに、過去の自分の楽しい体験を白黒で映し出します。
   スクリーンの映像を止めて、映像のコントロールができる安全な映写室に移動します。
 
④映写室の中から、スクリーンを見ます。
   体験の直前の安全な状態のシーンから始めます。
   サブモダリティを弱め(白黒)ながら映画を見ます。怖い体験が終わり、
   再び安全な状態になったら、静止画にします。
⑤ 静止画を、3倍速で巻き戻して、スタートの安全な状態の静止画に戻します。
⑥ 2回目は鮮明なサブモダリティ(カラー)で、見ます。終了したらまた3倍速で巻き戻します。
⑦ 必要であれば、何度か繰り返します。
⑧ フューチャーペーシング
  怖い体験を思い出してみます。
  あるいは、将来的に同じようなことが
  起こることを想像してみます。

参照ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

8フレームアウトカム – ワーク

以下の8つの質問に沿って目標を明確にしていきます。
(一部アレンジ)

①あなたが創り出したい結果は何ですか?
②その結果が手に入ったことは、どのようにして分かりますか?
③その結果は、いつ、どこで、誰と創りますか?(どんな緊急性がありますか。)
④その結果が得られるとどのような影響がありますか?
⑤その結果を手に入れるために役立つ既に持ってりるリソース(能力、信念、協力者等)、
  さらに必要なリソースは何ですか?
⑥その結果を手に入れるのを止めているものは何ですか?
⑦その結果を手に入れることは、あなたにとってどんな意味がありますか?
  どんな社会的意義がありますか。
⑧その結果を手に入れるために、まず何から始めますか?

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

アンカー潰し(中和のアンカー) – ワーク

①良い状態になるポジティブな体験をイメージして、インステートしピークの直前で
  アンカリングします。(ポジティブアンカー)(膝、肩、肩先などに)
②異なる(もしくは強力であれば同じでも可)ポジティブなイメージのアンカーを
  同じ場所に、合計3つ重ねていきます。(スタッキング)
③ ブレークステート
④思い出すと良くない状態になる「軽い体験」をひとつイメージし、インステートし
  ピークの直前でアンカリングします。(ネガティブアンカー)
⑤ ブレークステート
⑥ポジティブアンカーを発火させた後そのままの状態で、
  次にネガティブアンカーを発火させます。
⑦十分にその感じを味わってください。
⑧先にネガティブアンカーの方の手を放し、次にポジティブアンカーの方の手を
  放します。(5秒後位)
⑨ ④のネガティブだった体験を思い出し、変化を確認します。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

アンカリング手順 – ワーク

① リソース状態を引き出す(思い出の導出、ストーリーを話す。身体状態を変化させる)
 
② 状態をキャリブレートする(声の調子、姿勢、表情、呼吸、等)
 
③ 状態をアンカリングする (状態が強力か、ピークの前)
 
④ アンカーのテストをする(→①~③を数回繰り返し強化する。)
 
⑤ アンカーが適切な状況で適切に機能するか、フューチャーペーシングを行う。

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」