NLPの起源
NLPとは
NLPの効果
DVD版2日間速習NLP
最近の投稿

Posts Tagged ‘ブレークステート’

リソースアンカリング – ワーク

① アンカリングする場所(ポーズ)を決めます。

② 自信に満ち溢れていたり、ワクワクしたリソースフルだった状態を思い出します。

③ その出来事について答えます。

④リソースフルな状態にインステイト(状態に入る)していきます。
  体験のサブモダリティを話します。
  リソースに満ちた感覚を十分に感じます。
  十分に感じたら、ピークの直前でアンカリングします。

⑤ ブレークステート (ex:昨日の晩御飯は何を食べましたか?)

⑥ 必要に応じて②~④を2、3回繰り返して、アンカーを強化します。

⑦ アンカリングが成立しているか、リピートできるかのチェックを行います。
    瞬時にインステイトできればOK。できなければ、②~④を繰り返します。

 参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

モデリング – ワーク

①手に入れたい成果(能力)は何ですか?

②それが手に入るとどのような状態ですか?

③それがうまくできる人(持っている人)は誰ですか?

④その人はどんな特徴がありますか? (詳細に目の前に観察しながら確認)

⑤ではその人の中に入って見ましょう。(向かいのイスに)

⑥その人になりきって、身体の感覚や表情など合わせる。

⑦ニューロロジカルレベルの質問を確認します。
  1.あなたは今どこにいますか?何が見えますか?何が聞こえますか?
    何が感じられますか?
  2.あなたは、何をしていますか? 何を考えていますか?
  3.あなたは、望む結果を得るためにどんな能力を持っていますか?
    どんなことが可能ですか?
  4.あなたが望む結果を得るために大事にしていることは何ですか?
    どんな価値観を持っていますか?
  5.あなたの使命はなんですか?
    何をするために生まれてきたのですか?
  6.目の前のAさん(自分)にアドバイスをしてあげてください。

⑨モデルからゆっくりと抜け出して下さい。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

ポジションチェンジ – ワーク

①第一ポジションに座り、人間関係を改善したい人や苦手な人を一人決めます。

②目の前にいる相手に、伝えたいことをドンドン伝えます。

③十分に言いたいことを伝えたら気持ちと身体をそこに置いて、第三ポジションに移ります。
  ブレークステートし、第三者となって、二人の関係を客観的に見ます。

④続いて、そこから抜け出て第二ポジション (相手ポジション)に座ります。
  目の前の自分自身に対して、相手になりきって伝えたいことを伝えます。

⑤再び、第一ポジションに来て、伝えたいことを伝えます。

⑥さらに、第三ポジションに来て二人の関係を客観的に見ます。
  また、これから可能性も見ます。

⑦再び、第一ポジションに戻り、変化を確認します。

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

ブレークステート

ブレークステートとは、現在の心身状態(ステート)を脈絡の無い質問や深呼吸などによって中断(ブレーク)させることで、状態をニュートラルなものにしていくことです。

そうすることで、異なる心身状態に移行しやすくなります。
NLPでは、ポジションチェンジアンカリングのワークなど多くの場面で活用されます。

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」