NLPの起源
NLPとは
NLPの効果
DVD版2日間速習NLP
最近の投稿

Posts Tagged ‘ヴィジュアルスウィッシュ’

スウィッシュパターン(ヴィジュアルスウィッシュ) – ワーク

  1. 解消したいと思っている衝動や特定の行動を選びます。
    (あるいは、嫌な出来事や体験でも可) 
     例)コンビニがあるとつい寄ってしまい甘いものを買ってしまう。
  2. 1.で選んだ行動や出来事を思い出し、最初のシーンをその時のアソシエイト状態で 目の前に描き見ます。
     例)コンビニの看板が見えたところのイメージ
  3. その行動や出来事を解決した、とても魅力的で生き生きとした 望ましい状態を、音声なども加え、目の前に描きます。
     例)姿勢よく、笑顔で前を見て(看板を見ずに)さっそうと歩いている様子
  4. 目の前に、2.で作った解消したい行動や出来事を大きな 明るいイメージで描き、同時に、4.で作った望ましい状態を 小さい白黒の画像にして、左下の隅に置きます。
  5. 「スウィッシュ(シュッ)」という声を出しながら、目の前の大きな明るい画像を暗く遠くにし、同時に、望ましい小さく暗い画像を、目の前に明るく大きな画像にして入れ替えます。
  6. 6.~7. のプロセスを、1回ごとに1秒ほど視線を外して、5回繰り返します。
    (イメージを擦り込みます)
  7. 未来に起こる1.のイメージを思い出してみて、変化を確認します。
     例)コンビニの看板をイメージすると、さっそうと前を向いて歩いているイメージに変わる

参照スキル(用語)

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」

スウィッシュパターン

スウィッシュパターンとは、サブモダリティの変化を活用し、望ましくない行動のイメージを一瞬にして新しい行動のイメージに変化させることで、自分自身の反応を変えていくスキルです。

スウィッシュパターンはある状態A(望まない行動や習慣)のイメージを変換し、望む状態の新しいイメージに切り替え、望まない状態Aに対する自分の反応を変えていく手法です。
これにより、望まない状態Aは、新しい望む状態Bへのトリガー(引き金)となります。
スウィッシュパターンには、視覚を中心に行うものや聴覚のイメージを変えていくものなど、様々に手法があります。

活用例としては、以下があげられます。

・悪癖の改善 (イメージを変える)
  -甘いものを食べる自分  → ジョギングする自分
  -2度寝してしまう自分   →1度ですっきり爽やかに起きる自分
  -タバコを吸ってしまう自分 →深呼吸している自分

・思い出すと嫌な感じを得る事柄(人)のイメージを変える
  -特定の病気のイメージ → 健やかに散歩しているイメージ

・ネガティブなイメージをポジティブなイメージに変える
  -自分が緊張してプレゼンしている姿 → 堂々とにこやかにプレゼンしている姿

参照スキル(用語)・ワーク

より詳しい内容はこちらをどうぞ→DVD版「2日間速習NLP」